WEBIMPACT 公式ブログ

プレスリリース、開発事例など、ウェブインパクトの取り組みをご紹介しています。

ウェブインパクト、京都情報に特化したiPhone位置情報アプリ 2013年度版「京都コンシェルジュ(2012-13)」を 11月1日リリース!

2012年11月1日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長 高柳 寛樹

ウェブシステム開発を手がける株式会社ウェブインパクト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高柳 寛樹)は、京都情報に特化したiPhoneおよびAndroidアプリ「京都コンシェルジュ(2012-13)」を11 月1日にリリースしました。
今バージョンでは、iPhone 5などが使用するiOS6の場合、アップル地図とGoogle地図を切り替えて利用できるような機能も搭載しており、ユーザの利便を図っております。

iPhoneアプリ「京都コンシェルジュ(2012-13)」について

<1,800 箇所を幅広く収録>
お寺・神社・美術館だけでなく、魅力的なお店、美味しいレストラン、代表的な散歩道など「京都の主要スポット1,800 箇所」を幅広く収録し、それらを全て地図上にポイントしました。路地奥のお店も実際に訪問して位置を正確にポイントしています。

また、通常の検索だけでなく、「京都コンシェルジュ」の名前通り、ユーザ目線を大切に考え、早朝参拝のできる寺社、夜中の24時以降まで開いているレストランなど便利な検索メニューも盛りだくさんに備えています。
さらに「定休日お知らせ機能」により、「近くまで行ったけどお店が見つからない」「せっかく行ったのにお店が定休日だった」などの失敗がなくなるよう工夫しています。

<花・イベント情報>
今、どこの寺社でどんな花(桜・紅葉以外)が咲いているかがワンタッチでわかる「花情報ページ」では、紅葉や桜のシーズン中は有名ポイントの色づき情報、開花情報を毎日更新。また、指定日から1週間の間に開かれる京都の主要な寺社のイベント、手作り市などがリストされる「イベント情報ページ」もあり、今どこで何をやっているかが一覧で見られるようになっています。

<プラットフォームには「ロケつく」を利用>
「京都コンシェルジュ」は、同社が先行して事業化している、位置情報アプリのクラウド・プラットフォームである、「ロケつく」のガイド版をベースに開発・運用されています。同様の「ロケつく」のガイド版を使ったアプリには「会津厳選なび」などがあります。「ロケつく」の詳細はこちらから。( http://www.webimpact.co.jp/lctk/ )

「京都コンシェルジュ」: http://www.webimpact.co.jp/kyoto/
料金 : 350 円(税込)

株式会社ウェブインパク

1994年創業、18年目を迎える老舗インターネット企業。大手ポータルサイトなど、極めて大規模でクリティカルな開発を得意とする開発会社である一方、モバイルとウェブを用いた人材管理のASP、JobCommunicator®をはじめ、主に業務向けのプロダクトを多数提供しているウェブインテグレーター。今年10月からは「社員の全面ノマド化」を実施し、各方面で話題になった。

「京都コンシェルジュ」のお問い合わせ先
株式会社ウェブインパク
担当:経営企画室 大村 進一/宮脇 学/染谷 大地
電話:03-3526-6360
ウェブからのお問い合わせは:https://www.webimpact.co.jp/contact/