読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼岸寺(監修)×ウェブインパクト(開発)×hoxaigraphics(デザイン)のコラボによる iPhone用坐禅アプリ「雲堂」(undo)が公開されました。

2011年2月22日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長:高柳寛樹

彼岸寺、ウェブインパクト、hoxaigraphicsのコラボレーションによりiPhone用の本格的坐禅アプリ「undo」が2月21日公開されました。このアプリは坐禅が初めての人から毎日坐禅をしている老師まで気軽に使える簡単かつ本格仕様になっております。
彼岸寺が送るiPhone用坐禅アプリ(以下App)「undo」は、インド、中国を経て脈々と伝わってきた正式な作法にのっとり、坐禅を特別な道具なしに行うことができるAppです。タップするだけで身体を整えるインストラクションが始まり、坐禅のセッションを禅寺の鐘の音が知らせてくれます。
このアプリを通じてライフスタイルとしての坐禅を広めていきたいと考えております。

・わかりやすいHow to 動画も公開
初めて坐禅を行う方でもすぐに正式な作法で坐禅を行うことができるように、坐禅のHow to 動画を公開いたしました。
http://www.youtube.com/watch?v=PWVF6XGhq6E

・禅僧×クラウドコンピューティング
行く雲の如く、流れる水の如く生きる「行雲流水」の境地から禅の修行僧のことを「雲水」と言います。坐禅は古来より志をおなじくする仲間が雲のように集い、実践し、現在に伝わってきました。雲は英語でクラウド。最先端のクラウドコンピューティングがいつでもどこでも世界中とつながれる環境を作りました。
「undo」では、今私たちが生きているこの瞬間、世界でどれだけの人がiPhoneの前で坐禅をしているのかが一目でわかります。世界の中で思いを同じくしている人との繋がりを感じながら、ご自分の坐禅ライフをお楽しみ頂けます。
また、Twitterとも連動をしており、ご自分がいつ坐禅をはじめいつ終えたのかをTwitterを通じてお知らせすることも出来ます。

・雲水も使える本格仕様
雲水が毎日行う坐禅の流れを踏襲しています。
坐禅は「一ちゅう、二ちゅう」と数えます。これは一本の線香が燃え尽きるまでの時間を単位としているからです。
「undo」内で使用する設定時間は秒単位の厳格なタイマーではなく数秒の「ゆらぎ」があるものになっており「一ちゅうのゆらぎ」を再現しています。どうぞ日常の時間を忘れて坐に親しんで下さい。
また、坐禅の開始と終了を告げる音、坐禅の最中に聞こえる音は実際に毎日坐禅が行われている禅寺で収録されたものです。
家庭で禅寺と同じ環境を作ることは簡単ではありませんが、iPhoneと座布があれば、禅寺の雲堂で行うのに極めて近い環境を調えることが出来ます。

・日本語・英語のバイリンガル対応
「undo」は世界の方に快適な坐禅ライフを楽しんでいただけるように製作をいたしました。
ですからもちろん英語でも対応しております。

詳細は以下ページより
http://www.higan.net/feature/2011/02/undo.html

英語版はコチラ
http://www.higan.net/feature/2011/02/undoenglish.html

多忙のこととは存じますが、もしご興味を持っていただけましたら、貴媒体で広く取り上げていただけないでしょうか。また、貴社の貴重なお知恵・ご経験をお借りすることができましたら、これ以上の幸いはございません。

App Store

「雲堂」(undo)「雲堂」(undo)「雲堂」(undo)
彼岸ナイト(仮)開催決定

この度、彼岸寺サイトリニューアルとiPhoneアプリundoー雲堂ーのリリースを記念して、彼岸寺のリニューアルに関わった方々とundoの製作に関わった方、また、仏教人の方々と彼岸寺読者の皆様との交流会を開催させて頂く事になりました。
会場では皆様とお食事を楽しみながら、リニューアルやundoの製作秘話などをお話しさせて頂く予定です。
当日は彼岸僧お手製のお土産もご用意しております。
彼岸寺メンバーや仏教人達が一堂に会するまたとない機会ですで、ぜひぜひふるってご参加下さい。
■イベント詳細
日時:2011年3月4日(金) 19:00開場 19:30開始
場所:Time Out Cafe & Diner(http://www.timeoutcafe.jp/)@恵比寿
会費:3500円

第1部 彼岸寺リニューアルトークショウ
彼岸寺×hoxaigraphics*

第2部 iPhone用坐禅アプリ「undo」
彼岸寺×ウェブインパクト and more

第3部 仏教人の活動紹介+交流会

ゲスト:市角壮玄(hoxaigraphics*)、アプリ開発者(ウェブインパクト)
仏教人:吉村昇洋、ほか。
*ゲストは今後さらに増える予定です。
お問合わせ先

■彼岸寺(監修)
03-3841-9933
http://www.higan.net
担当:青江覚峰(090-5513-4331)
『彼岸寺』とはインターネット上に建てられたみんなのお寺であり、凝り固まった仏教をときほぐし、今に生きる仏教を再編集するために創られた新しいメディアである。ウェブサイトを通じて仏教情報を提供するだけではなくお寺カフェの「神谷町オープンテラス」や、日本初のブラインドレストラン「暗闇ごはん」などの運営も行っている。
■株式会社ウェブインパクト(開発)
03-5212-3660(電話)
https://www.webimpact.co.jp/contact/index.html(ウェブからのお問合わせ)
担当:経営企画室(大村)
1994年創業の老舗ウェブインテグレーター。ウェブシステムの開発は元より、クラウド型のサービスを多数持つソフトウェアメーカーでもある。ラボも併設しており、技術本の出版や、新しいサービスを輩出し続けている。今回のコラボはウェブインパクト・ラボの活動の一環として行なわれた。
■hoxaigraphics(デザイン)
www.hoxai.com
info@hoxai.com (メール)
担当:市角壮玄(080-3736-0203)
アートディレクターの市角壮玄と、プログラマーの植村宏司からなる自由なモノづくりユニット。彼岸寺のサイトリニューアルとともに今回のアプリのUIデザインを担当。アパレルブランドサイトや、アーティストのCDジャケットなどを多く製作。イラストを使った展示も行う。2005年度グッドデザイン賞受賞。(UIデザイン)

-->