ウェブインパクトが提供する位置情報アプリのプラットフォーム「ロケつく」を利用した「京都コンシェルジュ」と デンソーが提供するカーナビ連携アプリ「NaviCon」が連携開始 ~「京都コンシェルジュ」からカーナビへの目的地設定が可能に~

2012年8月10日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長 高柳 寛樹

株式会社ウェブインパクト(以下ウェブインパクト、本社:東京都千代田区/代表取締役社長:高柳寛樹)は、位置情報アプリのプラットフォーム「ロケつく」(※1)を利用した京都のスポット情報1700箇所を紹介するガイドアプリ「京都コンシェルジュ」と、株式会社デンソー(以下デンソー、本社:愛知県刈谷市代表取締役社長:加藤宣明)が提供する、カーナビ連携アプリ「NaviCon」を連携致しました。

連携をすることにより、「京都コンシェルジュ」に紹介されているスポットを「NaviCon」 を介して簡単にカーナビに目的地設定することが可能となりました。

「京都コンシェルジュ」はウェブインパクトがSaaS提供する位置情報アプリのプラットフォームサービス「ロケつく」を利用した製品で、お寺・神社・美術館、レストラン、代表的な散歩道など「京都の主要スポット1,700箇所」を幅広く収録し、それらを全て地図上にポイントした、スマートフォン向けガイドアプリです。
通常の検索だけでなく、「京都コンシェルジュ」の名前通り、ユーザー目線を大切に考え、早朝参拝の出来る寺社、夜中の24時以降まで開いているレストランなど便利な検索メニューも備えています。
さらに「定休日お知らせ機能」により、「近くまで行ったけどお店が見つからない」「せっかく行ったのにお店が定休日だった」などの失敗がなくなるよう工夫しています。その他にもスポット検索時に定休日でることをお知らせしてくれる<定休日お知らせ機能>、自分が訪問したいスポットだけをリストアップし「地図付き電話帳」を作成することも出来る<マイリスト機能>、紅葉有名ポイント23 カ所の「色づき情報」が毎日更新される<紅葉情報>機能も備えています。

「京都コンシェルジュ」:http://www.webimpact.co.jp/kyoto/  料金:350 円(税込)

一方でデンソーが提供する「NaviCon」はスマートフォンからカーナビの地図操作や目的地設定をするための無料アプリケーションです。
様々なスマートフォンアプリで検索した施設や地点を、「NaviCon」経由でカーナビの目的地に設定することができます。
カーナビ地図を遠隔操作、目的地を検索してカーナビへ送信、NaviConと連携するアプリから目的地を受信してカーナビへ転送、メールで目的地を共有、マップコード表示等の機能が利用できます。
「NaviCon」:https://navicon.denso.co.jp/user/

今回「京都コンシェルジュ」と「NaviCon」が連携されることにより、「京都コンシェルジュ」ユーザーがスポット検索後、「NaviCon」経由で簡単にカーナビに目的地を設定することが可能となりました。
例えば、事前に「京都コンシェルジュ」に行きたいスポットを登録しておけば、出発時のカーナビ目的地設定作業が簡単にスムーズに行うことが出来るようになります。

「NaviCon」連携を使用するには、スマートフォンアプリ「NaviCon」と「NaviCon」対応カーナビが必要です。

※1「ロケつく」について
ウェブインパクトが提供する、位置情報アプリを安く・早く提供できるプラットフォームサービスです。「京都コンシェルジュ」の他にも「ロケ麺」「CAFE HOLIC」等多くの位置情報アプリに利用されております。
http://www.webimpact.co.jp/lctk/

お問い合わせ先

製品概要・購入方法についてのお問い合わせ先
株式会社ウェブインパク
企画営業 宮脇学
TEL:03-5212-3660
インターネットからのお問合せ:https://www.webimpact.co.jp/contact/index.html