WEBIMPACT 公式ブログ

プレスリリース、開発事例など、ウェブインパクトの取り組みをご紹介しています。

ウェブインパクト、待望の日本初上陸のAndroid搭載携帯で動作する、 IRCクライアント「DaraIRC」をリリース

2009年7月10日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長 高柳寛樹

株式会社ウェブインパクト(東京都千代田区/代表取締役社長:高柳寛樹/以下、ウェブインパクト)は、NTTドコモが7月10日に発売1を予定している、国内初のAndroid搭載携帯電話向けIRCアプリケーション「DaraIRC」を同社の研究開発部門である、ウェブインパクト・ラボ2よりリリースしました。アンドロイド向けの日本語のIRCクライアントとしては、日本初のリリースとなる見通しです。

同アプリケーションは、サーバーを経由して複数のクライアント同士で会話を行うIRC(Internet Relay Chat)を利用したチャットのアプリケーション。ウェブインパクトの「DaraIRC」専用サイト3またはAndroid Marketにてダウンロードすることができます。

主な機能は次の通り:

複数のサーバーを登録し、同時に接続
複数のチャンネルを登録し、同時に参加
日本語または英語のインターフェース
文字コード指定可能
色分けされて見やすいメイン画面
URLやメールアドレスの自動リンク
ニックネーム変更
離席モード変更
メッセージの新着件数を一覧画面に表示
チャンネル内のユーザー一覧を表示
ユーザー情報を表示
チャンネルのトピック変更
チャンネルのモード変更
ユーザーをチャンネルに招待
ユーザーと1:1のメッセージやりとり(トーク
今後は、ハングル版などをアップデートの視野に入れて開発していく予定です。ウェブインパクトは、今年3月に「ぐるなび」のAPIを利用した、全国4万店の飲食店を検索できるiPhone向けアプリケーション「Touch de ComoComo」4を同じくウェブインパクト・ラボよりリリースしており、新しいモバイルOS向けのアプリケーションの研究開発に積極的に取り組んでおります。

お問い合わせ

株式会社ウェブインパクト/経営企画室・大村(おおむら)
電話:03-5212-3660
ウェブからの問合わせ:https://www.webimpact.co.jp/contact/index.html

会社の概要

株式会社ウェブインパクト(http://www.webimpact.co.jp/
1994年創業のISV(独立系ソフトウェアベンダー)。前身は、日本初のウェブ検索サービス「CSJインデックス」で有名な、サイバースペース・ジャパン株式会社と、モバイルを利用した業務系のASP/SaaSを提供し続ける、株式会社ウェブハット・コミュニケーションズで、この2社が、2006年2月に経営統合してできた会社。絶対的な技術力を背景に、日本の有名ウェブサービスを多々技術面からサポートする一方で、自社のプロダクトサービスの拡充にも力を入れている。また昨今は、R&D部門において先進的な技術がリリースされるたびに、同技術を利用した実案件をこなし、同時に技術書の執筆・出版なども行っている。近著には、「Salesforceプログラミングバイブル」(インプレスR&D)、「セカンドライフで作るリンデンスクリプト入門」(インプレスR&D)など多数。

DaraIRC イメージ画像

f:id:webimpact:20170530161746j:plain

イメージ
1.http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/090701_00.htmlを参照。
2.ウェブインパクト・ラボは、ウェブインパクトのエンジニアが自由闊達に新しい技術について研究開発する場。同ラボからは、本アプリケーションの他に多くのインターネットサービスなどがリリースされている。(http://www.webimpact.co.jp/company/weblab.html
3.http://www.webimpact.co.jp/darairc/
4.http://www.webimpact.co.jp/comocomo/