読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプレスビジネスメディア、Force.comを基盤にした雑誌発行管理システムを導入 ~独立系ソフトウェアベンダーのウェブインパクト社が開発を受注、Visualforceを全面活用~

2009年1月30日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長 高柳寛樹

独立系ソフトウェアベンダーの株式会社ウェブインパクト(東京都千代田区/代表取締役社長:高柳寛樹)は、株式会社インプレスホールディングス東証1 部:9479)の子会社である、株式会社インプレスビジネスメディア(東京都千代田区/代表取締役社長:中村照明/以下、IBC社と略)より、新規事業「IT Leaders」の発行、読者管理システムの開発を受注、「Salesforce CRM」をベースとした拡張開発を行いました。

IBC社では、コントロールド・サーキュレーション方式と呼ばれ、欧米では広く普及している事前登録制、選考により無料で購読できる月刊IT専門誌「IT Leaders」を2008年9月末に創刊しました。 同社では、顧客管理やメールマガジンの発行管理において「Salesforce CRM」を導入していましたが、新規事業の開始に向け、短期間でシステム開発を行うために、利用中のSalesforce CRMに対してVisualforceを利用した大規模な拡張開発を行い、「IT Leaders」の発送管理、読者管理を一元的に行う専用システムを短期間で完成させました。
本件開発により、IBC社では、「IT Leaders」5万件の極めて煩雑な発行管理をSalesforce CRMにすべて集約し業務の合理化を実現しました。

以下に、本システムの概要を記載します。

<1.新規購読の受付と登録システム>
まず、「IT Leaders」購読を希望する読者より、ウェブ、またはファックスにより購読の申込を受け付けます。
ウェブからの情報はPHPMySQLなどで開発されたウェブサーバーを経由して、Salesforce CRMに登録されます。この処理には、Salesforce CRMが持つ既存のWebServiceAPIや、今回独自に拡張したWebServiceAPIをSOAP通信で実現しています。
同様に、ファックスにより受け付けた申込書は、Visiualforceを駆使しながら開発された入力インターフェイスを経由して登録が可能となっています。

<2.読者の選考を行う専用画面>
このように様々な経路でSalesforce CRMに登録された読者情報に対し、正式購読のための選考が行われますが、審査を行うスタッフはSalesforce CRM内で管理された情報をもとに、Visiualforceで開発された専用のページにて個別に、または複数名を一括で審査することが可能となっており、大量な申込み管理、審査の効率的運用を管理しています。

<3.一括処理専用アプリケーションによる効率化>
また、このほかに、展示会やセミナーなどへの参加により得た顧客データを、一括でSalesforceCRMに登録したり、その他CSVファイルによって多数の読者を一括で更新、審査ができるようにしたりする専用のウインドウズアプリケーションをC#にて開発しました。
本アプリケーションにより、大量のデータを登録する際に必要なForce.com データローダーを介することなく、専用のテンプレートファイルから簡単に一括登録や一括更新が可能です。 また、選考の結果、「IT Leaders」を発送する対象となる正規読者情報(住所や名前、部署など)は、同専用アプリケーションを用いて、発送に必要な形式のCSVファイルでエクスポートする。本データを発送業者へ引き渡し、「IT Leaders」を読者へお届けします。
その後、発送後に配送業者より戻される発送伝票番号データや、転居などによりお届けできなかった不達データも、同アプリケーションを通してSalesforce CRMに書き戻します。 これらの、一連の操作は、Salesforce CRMのトリガ機能によって動作するApex Codeにより、コントロールド・サーキュレーションの読者選考を受けるために必要な情報に絞って変更履歴を自動的に保存したり、読者情報に変更があれば自動的に選考に回したりといった自動処理の仕組みも実装されています。
また、読者は自分自身で登録されているデータベースの情報をウェブ経由で変更することもできます。
このように、全ての情報がリアルタイムにSalesforce CRM上で反映される読者データベースの構築を可能にしました。また、全ての情報がSalesforce CRM上にあるため、Salesforce CRM の持つ柔軟なレポート機能により、読者情報の様々な分析も可能となっています。

<4.情報共有のメリット>
また、システム基盤としてSalesforce CRMを利用したことにより、クライアントPCにソフトウェアをインストールするなどの手間無く、本社スタッフ、読者センタースタッフなど、所属部門やオフィス所在地が異なった環境でも、即時に全員がそれぞれの権限にもとづいた利用を開始することができます。

これらによりIBC社は、当初想定していたコントロールド・サーキュレーション事業に関わる業務を極限まで圧縮し、本業務に関わる人員も最低限のスタッフで行うことに成功しています。
また、Visualforceを使うこと開発着手から約2ヶ月という短納期も併せて実現しており、これは、フルスクラッチでの基幹システムの開発を想定すると、考えられないスピード感で、PaaSであったからこそ可能であったCRMシステムの構築例と言えます。

本リリースに関するお問合せ先

株式会社ウェブインパクト(http://www.webimpact.co.jp/
東京都千代田区飯田橋4-5-11パール飯田橋ビル7階
電話:03-5212-3660
インターネットからのお問合せ:https://www.webimpact.co.jp/contact/index.html
経営企画室 担当:大村進一