日本初!セールスフォース開発・導入のための技術レポート 『Salesforceプログラミングバイブル』をインプレスR&D社より発売 ~日本企業が現場で使えるカスタマイズノウハウを満載~

2009年1月29日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長 高柳寛樹

株式会社ウェブインパクト(代表取締役社長:高柳寛樹/本社:東京都千代田区)と、株式会社インプレスホールディングス東証1部:9479)のグループ会社で、法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(代表取締役社長:井芹昌信/本社:東京都千代田区)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、『Salesforceプログラミングバイブル』を1月30日(金)に発売いたします。

株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する、SaaSCRM (顧客管理)アプリケーションであるSalesforceは柔軟なカスタマイズ性、スピ-ディに自社サービスに導入できることが支持され、導入企業は全世界で 51,800社に達し、日本でも郵便局株式会社やシャープ株式会社など大手企業から中小企業まで利用が拡大しています。しかし、Salesforceはアメリカでサービスを展開するために作られており、「ふりがな」の様に日本固有の項目などについてはカスタマイズが必須です。また、CRM(顧客管理)という特性上、業種、業態によって必要となる顧客の属性も異なるため自社に導入するためにはカスタマイズが必要となります。しかしながら、 Salesforceカスタマイズに関して専門的に解説する日本語のドキュメントが不足しているのが現状です。

本書は、クラウドの代表的サービスであるSalesforceのプログラミング開発を本格的に解説する日本初のレポートです。「Salesforceを初めて利用する企業/これから参入する企業」はもちろんのこと、Salesforceを自社システムと連携する上で最適なカスタマイズ方法を知りたいなどのニーズを抱える「Salesforce導入企業」に対して、より実践的なノウハウを網羅し提供します。

また、Salesforce自体はセールスフォース・ドットコムが提供するPaaS型プラットフォームのforce.com上で動作するアプリケーションでもあります。そのため、Salesforceカスタマイズという市場に参入を検討しているSIerのみならず、force.comで独自のアプリケーション開発を検討している開発企業に対しての指南書としても利用できます。

本書は、いち早くSalesforceカスタマイズ、アプリケーションの開発事業を行い、実績を積み重ねてきた株式会社ウェブインパクトによって執筆されています。同社が経験したSalesforceをプログラミング開発する上での、問題点や解決方法なども豊富に掲載しています。

第1章では、基本的な開発の流れを例示しています。開発環境の入手から本番環境へのリリースまでをチュートリアル式に解説。開発の雰囲気や、開発環境に慣れるために最適な内容を掲載しています。

第2章から第4章までは、主にSalesforceでの開発方法を、実際にサンプルを動かしながら丁寧に解説しています。「Salesforce単体で行うカスタマイズについて」や「Windows等の外部システムからSalesforce上のデータなどを扱う方法」、「Webサイトから Salesforceのデータを扱う方法」など、より詳細にSalesforceのプログラミングを解説しています。

第5章では、開発において欠かす事のできないプログラム言語「ApexCode」の文法について解説しています。主に、Java言語など既存のプログラム言語と比較し、ApexCode特有の注意点などを中心に掲載しています。

第6章 では、Salesforceにおける注意点やTipsをまとめた章です。ここには、筆者が今までに遭遇した問題点とその解決方法(ノウハウ)などをまとめています。

さらに、簡単なサンプルコード付きCD-ROMも付属。Salesforceのプログラミング開発を必要とする企業、プログラマー必携の1冊です。

<新産業技術レポート・シリーズ>
「新産業技術レポート・シリーズ」は、インプレスR&DがIT分野の最新技術をいち早く捉え、産業界の製品開発やハードウェア/ソフトウェアを使いこなす人々のために役立つ技術解説レポートとして発行します。なお、本書 は、「新産業技術レポート・シリーズ」の第一弾として発売します。

掲載図表の抜粋

※クリックで拡大画像がご覧にになれます(別ウィンドウで開きます)

f:id:webimpact:20170530161955j:plain

【第1章1.2 Hello,worldより抜粋】

f:id:webimpact:20170530162008j:plain
【第2章2.10 Ajax ToolkitとSコントロールより抜粋】

f:id:webimpact:20170530162027j:plain


【第3章C#での開発/3.3.2 SOQLの実行より抜粋】

調査報告書の製品形態、および販売に関するご案内

Salesforceプログラミングバイブル』製品形態・販売価格 一覧(税別)

・PDF版     50,000円

・PDF版+冊子版 60,000円

PDF版は270ページ(予定)、冊子版はA4判簡易製本(PDF版は印刷も可能です。)

 

発売日:1月30日
詳細、ご予約は右よりご覧ください。http://r.impressrd.jp/iil/salesforce

Salesforceプログラミングバイブル』の目次

はじめに
第1章 Salesforce開発ひとめぐり
1.1. 開発組織のアカウント作成
1.1.1. 運用組織と開発組織とSandbox組織
1.1.2. 開発組織の構築
1.1.3. 既に運用組織で利用しているメールアドレスを使う場合
1.2. Hello,World!
1.2.1. カスタム項目の作成
1.2.2. トリガの作成
1.2.3. 動作の確認
1.3. テストメソッドの作成とテスト
1.3.1. テストメソッドの作成
1.3.2. トリガの作成
1.4. パッケージの作成とアップロード
1.4.1. 運用組織と開発組織とSandbox組織
1.4.2. 開発組織の構築
1.4.3. 既に運用組織で利用しているメールアドレスを使う場合
1.5. Sandbox組織の準備とテスト
1.5.1. Sandboxの作成と更新
1.5.2. Sandbox組織へのログイン
1.5.3. Sandboxへのパッケージのインストールとテスト
1.5.4. インストール後の設定とテスト
1.5.5. パッケージのアンインストー
1.6. 運用組織へのインストー
1.7. その他のインストール方法の概要
1.7.1. APIを使ったリリース(antやForce.com IDE)
1.7.2. AppExchangeを使ったリリース
1.7.3. 管理パッケージを使ったリリース
第2章 ネイティブアプリケーション
2.1. ネイティブアプリケーションとは
2.2. カスタム項目
2.2.1. カスタム項目の作成
2.2.2. カスタム項目のデータ型
2.2.3. カスタム項目の詳細
2.2.4. 項目レベルセキュリティとページレイアウト
2.2.5. 追加した項目の確認
2.3. カスタムオブジェクト
2.3.1. カスタムオブジェクトの作成
2.3.2. カスタムオブジェクトの定義
2.3.3. カスタム項目の作成
2.3.4. カスタムオブジェクトの確認
2.4. 入力規則
2.4.1. 入力規則の作成
2.5. タブ
2.5.1. カスタムオブジェクトタブ
2.5.2. Webタブ
2.5.3. Visualforceタブ
2.6. カスタムアプリケーション
2.7.1. カスタムアプリケーションの作成
2.7. ページレイアウト
2.7.1. ページレイアウト
2.7.2. 関連リストのレイアウト
2.7.3. タブの検索レイアウト
2.7.4. その他のレイアウト
2.8. レポートとレポートタイプ
2.8.1. レポートタイプ
2.8.2. 単純なカスタムレポートタイプの作成
2.8.3. レポートの作成
2.8.4. レポートタイプに関連オブジェクトを参照する項目を追加
2.8.5. 参照元のオブジェクトを選択するレポートタイプ
2.9. Sコントロール
2.9.1. HTMLを表示するSコントロール
2.9.2. URLを指定するSコントロール
2.9.3. スニペット
2.10. AJAX ToolkitとSコントロール
2.10.1. Hello,Ajax Toolkit!
2.10.2. データの取得
2.10.3. レコードの新規登録
2.10.4. レコードの更新
2.10.5. その他の操作
2.10.6. 非同期通信
2.10.7. AJAX Toolkitの注意点
2.11. ボタンとリンク
2.11.1. 標準ボタンと標準リンクの上書き
2.11.2. カスタムボタンとカスタムリンク
2.11.3. OnClick JavaScript
2.12. トリガ
2.12.1. トリガの作成
2.12.2. その他、トリガについて
2.13. Visualforce
2.13.1. Hello,World!
2.13.2. 少し複雑なVisualforceの例
2.13.3. Visualforceを使ったデータの更新
2.13.4. Visualforceを使ったデータの更新
第3章 クライアント連携
3.1. クライアント連携とは
3.2. DataLoader
3.2.1. DataLoaderの入手
3.2.2. セキュリティトークンの発行
3.2.3. DataLoaderでデータのダウンロード
3.3. C#での開発
3.3.1. ログイン
3.3.2. SOQLの実行
3.3.3. レコードの作成
3.3.4. WebServiceAPIの呼び出し
3.4. C#でのSOAP通信のTips
3.4.1. NULLと空文字列の扱い
3.4.2. 日付型や日付/時間型やチェックボックス型の扱い
3.5. その他のSOAP通信
第4章 オンデマンド連携
4.1. オンデマンド連携とは
4.2. オンデマンド連携でのログイン
4.3. SOQLの実行とレコードの作成
4.4. WebServiceAPIの呼び出し
4.5. PHPでのSOAP通信のTips
4.5.1. NULLと空文字列の扱い
4.5.2. PHP Toolkit13.0におけるfieldsToNull
4.5.3. 日付型や日付/時間型の扱い
4.6. その他の言語でのオンデマンド連携のログイン方法
第5章 Apex言語の文法
5.1. Salesforceの開発言語
5.2. ApexCodeの基本
5.3. 変数と代入
5.3.1. リテラル
5.3.2. 変数
5.3.3. 代入
5.3.4. 定数
5.4. コメント
5.5. クラスとメソッド
5.5.1. クラスのインスタンス
5.5.2. メンバ変数やフィールド等のインスタンスからの利用
5.5.3. メソッドのインスタンスからの利用
5.5.4. クラスの作成方法
5.5.5. メンバ変数とフィールド
5.5.6. メソッド
5.5.7. プロパティ
5.5.8. this変数
5.5.9. 静的メソッドと静的メンバ変数
5.5.10. トリガ
5.6. 基本データ型と型変換
5.6.1. 基本データ型
5.6.2. 型変換
5.7. 演算子
5.7.1. 算術演算子
5.7.2. 代入演算子
5.7.3. 関係演算子
5.7.4. 論理演算子
5.7.5. その他の演算子
5.8. その他のデータ型やクラス
5.8.1. sObject型
5.8.2. コレクション型
5.8.3. その他の型やクラス
5.9. 条件分岐
5.10. 繰り返し構文
5.10.1. 伝統的なforループ
5.10.2. Whileループとdo-whileループ
5.10.3. 特殊なforループ
5.11. SOQLクエリ
5.11.1. SOQLクエリの基本
5.11.2. SOQLにパラメータを渡す
5.11.3. 動的SOQLクエリ
5.12. データ操作言語(DML)文
5.12.1. insert文
5.12.2. update文
5.12.3. delete文
5.13. トランザクションと排他処理
5.14. 例外処理
5.14.1. try-catch-finally文
5.14.2. throw文
5.15. 文法編の最後に
第6章 Salesforceの制限とtips
6.1. 実行ガバナと制限値
6.1.1. 実行できるSOQLクエリの回数
6.1.2. SOQLで得られるデータ数
6.1.3. DMLの実行回数と処理可能レコード数
6.1.4. スタックとヒープ
6.1.5. 変数型における制限
6.1.6. その他
6.2. 管理パッケージの最初のリリースに伴う諸問題
6.2.1. 項目やオブジェクトはリリース後に原則として変更できない
6.2.2. テキスト型の文字数もリリース後は変更できない
6.2.3. 選択リスト(複数選択)の表示行数
6.3. 管理パッケージのインストールにおける選択リスト値の扱い
6.4. オブジェクトの設計はSOQLの理解が必須
6.5. API要求数について
6.6 ApexCodeの試用環境とログ
6.7 デバッグログの保存
6.8 オブジェクトのID
6.9 管理パッケージを使うかどうかは最初に決める
6.10 日本語版Salesforceの問題点
6.11 ApexClassはインスタンス化可能
6.12 Force.com IDE
6.13 Visualforceページでホスト名の取得
6.14 直接開発したVisualforceページが利用するコントローラ
6.15 バックアップとリストア
6.16 トリガや入力規則、必須条件が無視される事がある
おわりに


本件(内容、お見積もり、ご購入)に関するお問い合わせ先

株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所 営業担当:林
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 TEL:03-5275-1087 FAX:03-5275-9018
電子メール:direct-sales@impress.co.jp
URL: http://www.impressRD.jp/

 

本リリースに関するお問合せ先

株式会社ウェブインパクト 経営企画室(担当:大村)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-5-11パール飯田橋ビル7階
TEL:03-5212-3660 FAX:03-5212-3645
インターネットからのお問合せ:https://www.webimpact.co.jp/contact/index.html
URL:http://www.webimpact.co.jp/

 

【株式会社ウェブインパクト】 http://www.webimpact.co.jp/

1994年、株式会社ウェブインパクトの前身である、サイバースペース・ジャパン株式会社が創業し、日本初のインターネット検索サイトである「CSJインデックス」のサービスを開始。その後、さまざまなサービスを統合しポータルサイト事業を展開する。1995年には、日本初のインターネット利用者調査「第 1回WWW利用者調査結果」を発表するなど、日本におけるインターネット黎明期において精力的に活動をする。その他、インターネット黎明期からのノウハウと突出した技術力を生かし、「ぐるなび」をはじめ、日本を代表するポータルサイトの設計・開発を行うウェブ・インテグレーターとして成長する。一方、 1997年には、同じく前身となる株式会社ウェブハット・コミュニケーションズが学生企業として創業し、i-modeをはじめとするモバイル・インターネットの開発を軸とし、モバイル・エンタープライズ・ソフトウェアを開発するISV(Independent Software Vendor)として成長する。2001年には、その後ロングセラーとなる、HRM(Human Resource Management)のツールでるJobCommunicator®をASPとしてリリースする。2006年2月に、この2社が経営統合して株式会社ウェブインパクト(代表取締役社長:高柳寛樹、本社:東京都千代田区)となり、更なる好奇心と技術力を持ったギーク集団として、新しい技術に挑戦し続ける一方で、クライアントからは高い評価を受けている。

【株式会社インプレスR&D】 http://www.impressRD.jp/

インプレスR&Dは、Webビジネス関係者、ワイヤレスブロードバンド技術者、放送・通信融合およびデジタル家電関係者、IPv6関係者、ICT を活用するビジネスマンなど、インターネットテクノロジーを核としたあらゆる分野の革新をいち早くキャッチし、これからの産業・社会の発展を作り出す人々に向けて、クロスメディア事業を展開しています。

インプレスグループ】 http://impress.jp/

株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大、証券コード東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。