WEBIMPACT 公式ブログ

プレスリリース、開発事例など、ウェブインパクトの取り組みをご紹介しています。

ウェブインパクト、インプレスホールディングスに対して第三者割当増資を実施 -両社のシナジー効果による成長を目指す-

2007年11月6日
株式会社ウェブインパク
代表取締役社長 高柳寛樹

1994年に日本初の検索サイト「CSJインデックス」をリリースして以来、一貫してウェブシステムの開発を軸に、業務アプリケーションの開発や、セカンドライフで利用する特殊なプログラミング言語であるリンデンスクリプトなど、技術力に固執する経営を行ってきた株式会社ウェブインパクト(東京都千代田区/代表取締役社長:高柳寛樹)は、株式会社インプレスホールディングス(東京都千代田区/代表取締役社長:関本彰大/東証1部:9479)に対し、第三者割当増資を実施することになりました。払込日は2007年11月6日で、これによりインプレスホールディングスはウェブインパクトの発行済株式の3%を所有することになります。

ウェブインパクトはこれまで、インプレスグループでビジネス向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手掛ける株式会社インプレスR&D社から日本初のリンデンスクリプト解説書である『セカンドライフで作るリンデンスクリプト入門』を出版。また、ウェブインパクトが運営する日本初のセカンドライフ検索エンジンセカンドライフガイド(http://slguide.jp)」内で行ったアンケートをベースに、インプレスR&D・インターネットメディア総合研究所が『セカンドライフユーザー利用動向調査報告書2007<秋版>』を出版するなど、精力的に協業事業を進めてきました。

今回の資本提携で、より一層インターネット系開発業務における協業を強化し、シナジー効果を最大化することで、両社の事業の拡大を目指します。

本件に関する報道関係お問合せ先

株式会社ウェブインパク
経営企画室:大村進一
電話:03-5212-3660
メール:https://www.webimpact.co.jp/contact/